夢の一戸建てMyHomeを手に入れよう!!

一戸建て トップページ一戸建て住宅のメリット一戸建て住宅のチェックポイント一戸建て住宅購入前のポイント不動産情報の収集方法建築費用の知識一戸建て購入までの主な流れ一戸建て購入 現地見学一戸建て購入 契約時のポイント一戸建て購入 リンク集
 


一戸建て契約時のポイント 契約の場での注意点!


契約の場で最も大切なことは、契約書の内容をあいまいにしたまま契約をしないことです。ごく基本的な事ですが、一番重要なのです。それは、いったん契約書に署名捺印してしまうと契約が成立したとみなされ、後でやめたくなったとしても間単には契約を解除する事が出来なくなるのです!!契約の場での説明は、専門用語が多く分かりづらいことが多いです。すべてを理解するのは大変かもしれませんが、一生に何度もない大きな買い物ですから、ポイントをおさえて慎重に進めましょう。

 



重要事項説明の時には・・・
需要事項説明は、「宅地物件取引主任者」という公的資格を持った担当者が重要事項説明書を読み上げ、説明していきます。無資格者が主任者証を提示せずに行う説明は法律違反です!有資格者であることを確認しましょう。重要事項説明の読み上げが始まったら、事前にもらった重要事項説明書のコピーの内容と相違がないか、ひとつひとつ確認をしてください。もし、事前にもらった重要事項説明書のコピー内容と実際の重要事項説明が異なる場合は、その理由をきちんと説明してもらいましょう。単純な書き間違いによるものなら、それほど大きな問題はないかもしれませんが、内容自体が変更されてしまっている場合には、注意が必要です。そしてその内容が契約を左右するくらい重要なものなら、もう一度冷静にその物件を購入すべきかどうか、考えることが大切です。この段階ではまだ契約は成立していないので、やめる事もできるのです。重要事項説明の中には「登記簿に記載された事項」と言って、現在の所有者や登記されている内容を明らかにする項目があります。それは登記簿謄本をもとに記載されています。古い登記簿謄本では、現在の所有者が変わっていることも考えられます。契約当日の謄本を見せてもらうようにしましょう。重要事項説明が終わって十分理解、納得したら重要事項説明書に署名捺印をします。

契約の時には・・・
仲介の場合、契約時に初めて売主と会うことになります。売主が本人であるかどうか、運転免許書や権利証などで確認します。売主の代理人だった場合には、委任状と委任者の印鑑証明を見せてもらうことなどで対応するのが一般的です。仲介担当者を経由してお願いしましょう。契約書の説明が始まったら重要事項説明ど同様、事前にもらった契約書のコピーの内容と照らし合わせながら、一つ一つ確認します。中古の一戸建ての場合、契約書の説明と同時に、別途「付帯設備表」や「物件状況等報告書」という書類が提示されます。「付帯設備表」とは、物件に設置された空間器具や給湯設備、水廻り、その他の付帯設備について、現在の状況を記したものを言います。後々トラブルを避けるためにも、今どんなものが付けられていて、これからどんなものを自分で用意しなくてはならないのか、内容を把握しておきましょう。一方「物件状況など報告書」は、主に雨漏りやシロアリの害、給排水設備の胡椒などの物件状況、騒音や近隣の建築計画といった買主に説明すべき事項を記したもの。売主が不動産業者だった場合、最低2年間の瑕疵担保責任を定めています。一方、売主が個人だった場合には、2か月程度の瑕疵担保責任を設定するのが一般的です。ただし、築年数が経っている場合には「瑕疵担保なし」とするケースもあることから、現在の不具合の状況を正確に把握しておく必要があります。中には以前にそこでボヤや自殺があったなど、思いもよらないことが書かれていることもありますので、最後までしっかり目を通しておきましょう。これらの書類は、契約当日に見せられる場合がほとんどです。その場で十分確認して、きちんと理解しておくことが大切です。
ここまでで、一通りの説明は終了です。いよいよ契約書にサインすることになりますが、内容に不明な点や疑問点がある場合には、遠慮せずに質問してください。売主や不動産会社の人達に「こんな質問をしていいのか・・・」「質問するのは恥ずかしい・・・」などと思う必要はありません。何回でも質問して、全てを納得したうえで契約書にサインすることが大切です。

署名捺印(なついん)しても、まだまだ気はゆるせない!
契約時には、契約書だけでなくその他、様々な書類に署名捺印をします。それぞれがどんな書類で、何に利用されるのか、必ず確認しながら署名、捺印をしてください。契約書の余白に捨て印を求められるケースがあります。その捨て印を悪用して書類内容が勝手に書き換えられてしまう、といった可能性がないとは言えないのでやめておいてください。特に白紙の委任状への署名捺印は絶対に避けましょう!どんなことに利用されるか全く分からず、トラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。契約時、書類に書かれていない内容について約束する時は、口約束で終わらせてはなりません。後々のトラブルを避けるためにも、どんなささいな事でも書面で残しておきましょう。手付金保全措置を講じたときは、手付金の領収書と保証書を間違いなく受け取り、大切に保管してください。契約時の重要事項説明や契約書の内容に、少しでも不安があったり、どうしても納得できない場合、契約を延期する、あるいはあきらめることも必要です。契約の場では内容をすべて理解し、納得したうえで署名捺印(なついん)しなければなりません。あくまでも慎重に決して舞い上がることなく、絶対に後悔のない契約にのぞみましょう。

pickup

エーザイ
http://www.eisai.co.jp/

最終更新日:2015/1/15

 
夢の一戸建てガイド