夢の一戸建てMyHomeを手に入れよう!!

一戸建て トップページ一戸建て住宅のメリット一戸建て住宅のチェックポイント一戸建て住宅購入前のポイント不動産情報の収集方法建築費用の知識一戸建て購入までの主な流れ一戸建て購入 現地見学一戸建て購入 契約時のポイント一戸建て購入 リンク集
 


新築住宅の建築費用の知識

住宅建築にかかる費用はどのくらいのものでしょうか?
新築のケース、建て替えのケースなどと、それぞれやり方によって費用は変わってきます。
どのくらい費用がかかるのか、を検証してみることとしましょう。住まいづくりには、建物の工事費以外に、外構、屋外給排水工事などの付帯工事や税金・申請費用・保険料・引越代など、多岐にわたるさまざまな費用が必要となります。以外とかさむ、こうした費用を見落としていますと計画がたちいかなくなることも考えられます。当初より、しっかりと把握しておきたいものです。そうした諸費用は一般的には総費用の約20%必要になるといわれていますが、どの程度見積もればいいのでしょうか。それでは、その内容を見てみましょう。

建物工事以外にかかる諸費用

屋外給排水工事、確認申請費用などの付帯工事費、登録免許税や印紙税といった税金、登記に関する手数料、また、各種保険料が必要となります。
その他にも照明器具やカーテン、家具の購入費、引っ越しにかかる費用も忘れてはなりません。

※付帯工事や家電・インテリアの内容によっては、20%を上回ることもあります。


建物にかかる費用

木工事・屋根・建具工事などの建物工事費用です。また、住宅設備の諸費用を含みます。

 

これらのケースはお客様により金額も変わりますのであくまで概算(参考)金額としてご考慮下さい。


一戸建て購入 資金計画のポイント!
このように、住まいづくりには建物工事の他にも意外に多くの費用がかかります。そのために、事前にしっかりと資金計画を立てる必要があります。


借入額は工事費の80%までが適当!
一般に住宅ローンの場合の借入額は、建築物の工事費の80%までが適当です。
工事費の範囲は公庫、年金、民間ローンによって異なります。


固定金利である公的ローンを組む場合、公庫や年金などの固定金利である公的融資から組んでいくのが一般的です。


返済負担額は年収の20%以内に!
公的融資では、年間返済の負担率は年収の20%以内となっています。
(銀行の場合は35%を目安にするのが適当です。)


公的融資は住宅の条件で融資内容が変わる!
(公庫・年金は、住宅の構造・工法、床面積やプランなどにより返済期間や借入額、金利が異なります。


一戸建て購入 自己資金とは・・・
借りたお金ではなく、現金で用意できるお金が「自己資金」。貯金や親からの援助となります。この自己資金は、どれくらい必要でしょうか。まず、物件価格の2割程度の頭金が必要です。それに、購入に関わる諸費用が何やかんやで物件価格の5%程度は必要となります。合計で物件価格の25%程度の自己資金を用意するのが理想です。4,000万円の建物住宅を買う場合で、1,000万円。3,000万円ならば、750万円が一応の目安となります。現実には、500万円から1,000万円程度の自己資金が確保出来たところで、実際の物件探しを始める人が多くなります。

 
夢の一戸建てガイド